東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県で活動中の個人指導型スイミングクラブです。幼児から大人の方までOK!コーチがご希望場所まで出張レッスン致します。

水泳の個人レッスンならスイスイクラブ

 03-6661-4120

営業時間:9時~21時

page

ボビングをマスターして、正しい呼吸法を覚えよう!

投稿日:

今回はボビングについてやっていきたいと思います。

ボビングというのは、水の中に潜って顔を出して潜って顔を出して繰り返しながら、呼吸や移動をする動作のことです。

ボビングをマスターする目的は

1.正しい呼吸法や泳ぎながら息を吸うタイミングを覚えるため
2.足がつかないプールでも恐怖心なく移動するため
3.浮いたり沈んだり水の中で身体をコントロールするため

などが挙げられます。

ボビングができるようになると、足がつかない深いプールでも恐怖心なく移動できるようになります。

また大人の方でも泳いでる時になんか鼻に水が入ってしまう方とか、素早く息が吸えない方、ちゃんと息を吸っるつもりでもなんか苦しいという方にとっては、水泳での正しい息遣いを覚えられる良い練習になります。

今回はそんなボビングのやり方、そして水泳における呼吸の仕方について、シェアしていきたいと思います。

ボビングを合格させたいお子様の親御様や、
水泳中鼻に水が入ってしまう方、うまく息が吸えない方は是非参考にしていただければ嬉しいです。

では早速ボビング見てみましょう。

ボビングの手順

では早速ボビングの手順について詳しく説明します。

1.鼻から息を吐いて潜る

鼻から息を吐きながら、両手を広げて下に潜っていきましょう。

水泳では基本的には鼻から息を吐きます。

鼻から吐いて口から吸うのが基本的になります。

口から吐く瞬間もあるんですが、鼻から吐く練習になります。

鼻から泡が出るように意識しながら、ゆっくり潜りましょう。

鼻から吐かないと特に浮力の強いお子様は、下に潜っていけません。

息を吐くことで肺が萎み、浮力がなくなっていくので、その力をつかって潜りましょう。

また吐き方ですが、肺にある全ての息を出し切ってしまう必要はありません。

潜る前にいっぱい吸って、一定の量を細く長く吐きましょう。

体はリラックスさせ、膝は曲げておきましょう。

恐怖心などで膝が伸びきっていると、床に落ちていくスピードが早くなり、タイミングをとりづらくなるので、注意してください。

2.プールの底でジャンプ

しっかり手を広げながらリラックスしてプールの底まで潜って、両足が床に着いたらジャンプしましょう。

それと同時に手で下の方に水を押し、足と手のかきを使って上に上がっていきましょう。

お子様の場合、深くまだ沈み込むことが怖くて

そうすると反動で強くジャンプすることができないため、かえって顔を出すことができなくなり危険です。

深く潜ってしっかり両足をついた方が安全、安心なんだということをわかってもらい、しっかり両膝が曲がって両足が底につくまで深く潜りましょう。

3.水から顔を出し、息を吸う

次に顔を水の外に出して呼吸します。

呼吸する時は水の外に出たと同時に今度は口から息を吸います。

口から息を吸う時にタイミングが悪いと水を飲んでしまったり鼻から水が入ってしまう場合がありますので、タイミングに注意してください。

また、顔についた水が落ちてきて結局水を飲んでしまうとか、鼻に水が入ってしまうという方もいらっしゃいます。

その場合は、息の吸い方が正しくないことがほとんどです。

正しい吸い方は、純粋に口だけで息を吸う必要があります。

意識していてもふわっと口を開けて息を吸うと、おそらく鼻からも吸ってしまってるのではないでしょうか?

水泳における正しい呼吸法、息遣い

では口だけで息を吸うにはどうするかというと、鼻から吐いて、息を吸う直前に、口から一瞬息を吐きます。

一瞬吐くためにぱっと言ってから息を吸う。
ぱっと発声すると、口から息が出ますね。
そのすぐ直後に息を吸ってみましょう。

(やってみる)

こうすると純粋に口だけで息を吸えますし、顔についた水が口の中に落ちてくることも鼻に入ることもなくなります。

なのでクロールの呼吸中に鼻に水が入っちゃう方も、鼻から吐いて呼吸の時にパッと言ってから息を吸うと大丈夫になります。

なのでクロールで鼻に水が入ってしまう方もまずは簡単な動作であるこのボビングで是非練習してみてくださいね!

以上潜る、ジャンプ、呼吸を繰り返します。

息を吸ったらすぐまた深く潜りましょう。

まずはその場で繰り返し何回でもできるように!

それができたら、少しずつ前に進んで行き、移動できるようにしましょう。

これができるようになるとお子様でも深いプールでの恐怖心がなくなります。

注意すべきポイント(まとめ)

最後に注意するポイント、お子様のスイミングスクールで、合格基準になっている可能性が高いチェックポイントは

1.鼻から泡が出ているか

2.口を開けて息が吸えているか

3.両足が床についているか

4,リラックスしてできているか

5.指定された距離、回数をこなせているか

 

この辺りが重要で、スイミングスクールでもこの辺りをチェックしてます。

是非チャレンジしてみてください。

-page

Copyright© 水泳の個人レッスンならスイスイクラブ , 2020 All Rights Reserved.