東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県で活動中の個人指導型スイミングクラブです。幼児から大人の方までOK!コーチがご希望場所まで出張レッスン致します。

水泳の個人レッスンならスイスイクラブ

 03-6661-4120

営業時間:9時~21時

page

初心者の方向け!クロール(呼吸無し)を綺麗に泳ぐ方法!

投稿日:

今回はノーブレスクロールについてやっていきます!

ノーブレスクロールっていうのは、
呼吸をしないクロールのことです。

ノーブレクロール
・パーなしクロール
・面被りクロール

とも言います。

けのびができて、グライドキックができたら今度はいよいよ手を回してクロールしてみましょう。

クロールの呼吸についてはまた後日動画にしたいと思います。

また今回も初心者の方向けとなっております。ゆっくり綺麗に泳ぐための動画になってます。

専門用語もなるべく使いません。

・クロールってどうやってやるんだろうという方

・呼吸はまだできないけどクロールやってみたい方

・綺麗にクロールが泳げるようになりたい方

などは是非参考にしてください。

それでは実際の泳ぎを見てみましょう。

1.スタート
2.水をかく
3.手を前に戻す

と、大きく3つの項目に分けて説明し、また各項目で僕が今まで見てきた初心者の方によくありがちな注意点を解説していきたいと思います!

1.スタート、けのび

2.3秒はけのびの余韻で進むようにしましょう。またけのびとキックについては、グライドキックのところで詳しく解説してます。

今回も終始呼吸は止めたままで大丈夫です。

息を深く吸った方が、浮力が強くなるので、しっかりと深く吸いましょう。

2.水をかく

バタ足と共に水を後ろにかいていきます。

まずはけのびで重ねていた手を離して、肘は伸ばしたままそれぞれの肩の真っ直ぐ前に出しましょう。

自分の前にある水を手のひらで後ろに運んでいくイメージでかいていきます。

手のひらを下にしたままおへその下を通って、そのまま腿の方までかきましょう。

肘は伸ばしたままでも、軽く曲げても大丈夫です。

後ろまでかくことが大事なので、最初は腿を親指でタッチすると良いでしょう。

なお姿勢は蹴伸びと同じで、下を見ながら泳ぐように注意しましょう。

水をかくときの注意点

・水を描くときはなるべく肘から引いたり、手のひらが変な方向を向かないこと。

こうすると前の水がしっかり後ろに運べません

・身体の中心線から反対側にこないこと。

また中心線を越えてしまうとバランスが崩れ、上体がブレやすくなりますので注意です。

・ゆっくりかきすぎない

ゆっくりかきすぎると後で手を前に戻す時に戻しにくくなります。ぐっと押す感じで描きましょう。

・前を見ないこと

他の動画でも言ってますが、水泳は前を見てしまうと腰や足が沈みやすくなります。

頭はけのびの時の位置をキープしましょう。

クロールをしている際に足が沈んでバタ足の泡が消えてしまっていたりしたら注意です!

・前で待ってる腕の肘も曲げないこと

水をかいている時に力んでしまって前方で伸ばしてる手が曲がってしまう方も多いです。

3.かいた手を前に戻す

水の外に出る直前後ろまで水をかいたら、手の甲を外側にし、小指から水の外に出ます。

肘は伸ばしたまま、大きく縦に回すように戻し、入水の時は手の甲というか、親指と人差し指の間から入水すると綺麗に見えます。

元いた左肩の前に戻ってきましょう。

手を前方に戻す時はけのびと同じように腕を耳の後ろで揃えるようにしましょう。

かいた手を戻す時の注意点

・肘を伸ばして遠くに入れること。

・しっかり縦に手を回すこと

横から戻してしまう方も多いです。

なるべく縦に!耳の上から、耳をかすめて戻すようにすると綺麗です。

・前を見ないこと

頭の位置はけのびの時と手をかいてる時と同じく、下方向を向いていましょう。

・戻すときはスムーズに。

後ろで手が一旦止まってしまう方もいらっしゃるのですが、止まらずに。

肩回しとかと一緒ですね。

強く水をかいた勢いでそのまま遠心力で腕が戻ってくるようにしましょう。

戻すときは特に力はいりません。

肘だけ伸ばしておく最低限の力があればOKです。

水をかいて、もどってくるまでは2秒以内に前方に戻ってくるようにしましょう。

以上2.3を繰り返す

完全に前の手が揃ったら同じ要領で、反対の手を回していきましょう。

しっかり前で揃ってから、次の手をかくようにしましょう。

前で揃わないバージョンもあるのですが、初心者の方はまずは前で手をそろえて泳げるようになった方が、後々絶対にいいです。

最初のうちは前で2,3秒止まってもいいと思います。

まとめ

では色々注意点述べてきました。

全部大事ですが、その中でも特に大切で覚えていてほしいもの

綺麗にできているかチェックポイントは

1.肘がしっかり伸びているか

2.あたまが耳の下までしっかり入っているか

3.後ろまで水がかけているか

4.スムーズに腕を前に戻せているか

5.上体がブレていないか

6.スタート前にしっかり息を吸い、止められているか

以上になります。

-page

Copyright© 水泳の個人レッスンならスイスイクラブ , 2020 All Rights Reserved.